4%増益の通期計画は据え置き

1Qは17%営業減益だが計画線。4%増益の通期計画は据え置き
カマグラ
http://mobile-shuei.jp/viagra_generic/kamagra50/
14年3月期第1四半期(13年4~6月)の連結業績は、売上高が前年同期比1%増の896億円、営業利益が同17%減の90億円、純利益は同16%減の48億円となった。日本は苦戦したものの、円安もあり非定型抗精神薬「ラツーダ」が伸長した北米や中国が売り上げを伸ばし増収。米国でリストラを進めたことによる人件費の削減などはあったが、円安で販管費全体では増加。特別損失として事業構造改善費用などを計上したこともあり、各段階の利益とも2桁の減益に。セグメント別に利益(研究開発費等控除前の営業利益)をみると、日本は同10%減の159億円。高血圧治療剤「アイミクス」やパーキンソン病治療剤「トレリーフ」など戦略製品は伸長したものの、長期収載品(後発品が発売されている先発品)が落ち込んだことが響いた。北米は同28%増の56億円。最注力品の「ラツーダ」が伸長、人件費やのれん償却費の減少などが寄与した。中国は同38%減の3.9億円。カルバペネム系抗生物質製剤「メロペン」は堅調だが、販管費の増加で減益。特許満了により「メロペン」の輸出減少が続いている海外その他は同27%減の10億円だった。
14年3月期通期の連結業績に関して会社は、売上高が前期比6%増の3690億円、営業利益が同4%増の260億円、純利益は特別損益の改善等により同29%増の130億円を計画。第1四半期の業績は概ね計画通り推移したとして期初公表の計画を据え置いた。国内医薬品事業は、戦略製品や新製品を中心に売上高の拡大に努めるが、後発品の影響等により微減収。北米は引き続き「ラツーダ」の伸長を見込むが、一部製品の特許満了等の影響で現地通貨ベースでは減収の見通し。円安や欧州における「ラツーダ」の承認に伴う一時金収入などから全体では増収を見込む。利益面では増収効果で円安による販管費の増加を吸収、増益を見込んでいる。
カマグラ ゴールド
http://www.novo-nordisk.jp/viagra/kamagra-gold100/

薬 通販なら安心くすりネットで
くすり通販
sigmasolns.com